介護保険

介護保険制度とは、保険・医療・福祉の各分野が個別に提供していたサービスを一本化し、
利用者が支払っている保険料にて介護サービスを提供するという仕組みです。
これを財源的に支えるために、介護保険ができました。

介護保険は40歳以上の人が強制加入する社会保険です。
地方公共団体の負担金と、被保険者が支払う保険料が財源となっています。

被保険者は2種類に分かれ、

  • 第一号被保険者  65歳以上
  • 第二号被保険者  40歳以上65歳未満


第二号被保険者で、健康保険や国民健康保険などの医療保険に加入している場合は、
特定の病気にかかっている場合のみサービスを受けることができるという限定的なものとなっています。

実際にサービスを受けるには、要介護認定を受ける必要があります。
自己負担額は利用料の1割です。