HOME > 介護サービス

介護サービスとは

介護サービスとは、高齢者の方のご希望や状況に合わせて日常生活をサポートし、
介護する側介護される側の両方の負担を軽減するサービスのことをいいます。

大きく、居宅サービス(デイサービス・訪問介護など)と施設サービス(介護老人福祉施設など)とに分けられます。

これらは介護保険制度に基づくものであり、介護認定を受けることで、
利用費用の1割の負担でサービスを受けることができます。


介護サービスを利用するには、市区町村に要介護認定の申請を行い、認定を受けます。
認定に基づいてケアマネージャーがケアプランを作成し、介護事業者を選んではじめてサービスを利用できるようになります。

まずは市区町村の高齢支援課や地域ケアプラザなどにご相談ください。
 

介護保険サービスの種類

介護保険サービスは下記のとおりです。
要介護認定を受けた方は介護サービス、要支援認定を受けた方は介護予防サービスを利用できます。

介護予防サービス(要支援)

介護予防サービス

訪問サービス

  • 介護予防訪問介護 (ホームヘルプサービス)
  • 介護予防訪問入浴介護
  • 介護予防訪問看護
  • 介護予防訪問リハビリテーション
  • 介護予防居宅療養管理指導

通所サービス

  • 介護予防通所介護 (デイサービス)
  • 介護予防通所 リハビリテーション

短期入所サービス

  • 介護予防短期入所生活介護 (ショートステイ)
  • 介護予防短期入所療養介護

  

介護サービス(要介護)

 居宅サービス

訪問サービス

  • 訪問介護 (ホームヘルプサービス)
  • 訪問入浴介護
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリテーション
  • 居宅療養管理指導

通所サービス

  • 通所介護 (デイサービス)
  • 通所リハビリテーション

短期入居サービス

  • 短期入所生活介護 (ショートステイ)
  • 短期入所療養介護

 

施設サービス

  • 介護老人福祉施設 (特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設

 

居宅介護支援事業所

居宅において日常生活を営むために必要な保健医療サービスまたは福祉サービス(指定居宅サービス等)を適切に利用できるように、要介護者とサービス提供事業者や行政との調整を行う役割を担うのが居宅介護支援事業所です。

要介護(1~5)認定を受けた方は、この居宅介護支援事業に依頼してケアプランを作成します。
要支援認定を受けた方は、地域包括支援センターに依頼して、介護予防ケアプランを作成します。

ケアプランの作成については、介護保険で全額が負担されますので利用者の費用負担はありません。