見守り契約

任意後見契約を締結しても、ご本人の判断能力がしっかりしている間は任意後見の業務はスタートしません。
任意後見はあくまでもご本人の判断能力が低下した時にスタートするものです。

任意後見契約がスタートするまでの間、任意後見受任者等がご本人を定期的に訪問や電話で連絡をとって、
ご本人の生活状況及び健康状態を把握し、その方が安全に生活できることを見守るとともに、
暮らしの上でのちょっとした心配事や困ったことがあったときの助言などをさせていただくことを目的とした
見守り契約というものがあります。
 

見守り契約の具体的な内容

  • ご本人に定期的なお声掛け連絡・訪問による状況確認
  • 任意後見スタート時期の見極め
  • ご本人の親族などに対する定期的な状況報告
  • 日常生活のさまざまな疑問点におけるアドバイス

ただ、見守り契約の主目的としてのメリットは、
任意後見受任者との間で、見守り契約と任意後見契約を同時に結んでおくことによって、
ご本人の判断能力が低下した場合に任意後見への移行をスムースに行うことが出来ることです。
ご本人の状態を定期的に見守る見守り契約を利用することで、任意後見への適切な移行の時期を見極めることが出来ます。

任意後見は契約によってスタートするわけではなく、
実際に判断能力が低下した時に家庭裁判所に任意後見監督人の選任を申立てし、選任されることによってスタートします。
この移行がスムーズになるということです。


任意後見への移行時期を見落とさずにしっかりと捉えるためにも、
任意後見受任者と見守り契約も同時に締結しておくことがベストです。
つまり、任意後見契約締結と同時に、見守り契約も結んでおく必要があります。