HOME > 任意後見監督人

任意後見監督人

任意後見監督人についてご説明いたします。

そもそも任意後見は、ご本人の判断能力の低下を原因として家庭裁判所に任意後見監督人の選任を裁判所に申し立て、選任されることによってスタートします。

法定後見とは異なり、後見監督人の存在が必須となっております。

任意後見人は家庭裁判所によって選任されるのではなく、判断能力が十分なうちとはいえ、
ご本人の指名のみによって決定されます。
そのため、法定後見以上に、家庭裁判所が選任する後見監督人による監督機関の存在が重要になってきます。

任意後見監督人の職務

任意後見監督人の職務は、法定後見における成年後見監督人等の職務とほとんど同じです。
後見人の活動をチェックして時には行動を制限し、後見人からの報告を受け、
その内容を家庭裁判所に報告するというものが主なものです。
 

後見監督人になれない者

法律で後見監督人になれない欠格該当者と決められているのは下記のとおりです。

  • 未成年者
  • 破産者
  • 任意後見受任者又は任意後見人の配偶者、直系血族及び兄弟姉妹
  • 本人に対して訴訟をし、又はした者並びにその配偶者及び直系血族
  • 家庭裁判所に免ぜられた法定代理人・保佐人・補助人